ひとり勝手に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どもりを本当に理解している治療所は一つもない

電話帳を繰ると、「どもり矯正」を掲げた治療所・矯正所が並んでいます。

重症のどもりだった私は、そういう矯正所を今まで何軒もまわりました。よいと聞けば時間も費用も厭わず、熱心に通ったものです。しかし一軒として、私のどもりを治してくれるところはありませんでした。

いま考えてみれば、それも当然のことかもしれません。いったいそのなかのどれだけが、どもりの実態を知っていたでしょうか。本態を把握していたでしょうか。おそらくどもりを本当に理解しているところは、一つもないでしょう。

どもりを矯正しようとする本人が、どもりを体験していないからです。

かつての私と同じように、いまある治療にみんなが絶望しています。私がどもりに悩むようになって半世紀以上もたっているのに、どもりを治す研究も技術も少しも進歩していないのです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。